大切なロレックスの修理は優良店に依頼するのが鉄則

腕時計

腕時計を長持ちさせたい

腕時計を身につける人

メンテナンスが大切です

ロレックスは、数ある高級腕時計の中でも最高峰と言われているブランドです。ロレックスの価格はかなり高額ですが、良い品物を購入しておけば、財産として自分の子供に残してやることができます。しかし、壊れて動かなくなってしまったロレックスを子供に残しても、喜んでもらうことはできません。そんな事態に陥りたくないのであれば、壊れてしまってから慌てて修理に出すのではなく、壊れる前に定期的にオーバーホールしておくことが大切です。オーバーホール費用も決して安くはありませんから、どこにも不具合が起こっていない場合は、ついついオーバーホールを先延ばしにしてしまいがちです。しかし、壊れてしまってから修理に出すよりも、壊れる前にオーバーホールしておく方が安上がりになります。また、腕時計の寿命がグッと伸びますので、結果的にはかなりお得になります。

何をしてもらえるのか

ロレックスに限らず、機械式の腕時計の内部は数多くの歯車で構成された複雑な構造になっています。この歯車が回転することによって時が刻まれるわけですが、歯車も軸も金属でできています。したがって、長年使い続けていると摩耗してゆきます。この摩耗を軽減させるために内部にオイルが注入されていますが、時間の経過と共にオイルが揮発してゆきます。また、内部に入り込んだ細かな埃と結びついてドロドロになってしまったりします。いずれも時計の誤作動や故障の原因になりますので、定期的にオーバーホールすることがとても重要になってきます。ロレックスのサービスセンターに腕時計のオーバーホールを依頼すると、1つ1つのパーツを丁寧にクリーニングした上で、新しいオイルを注入してくれます。もちろん、必要に応じてパーツの交換も行われます。費用がかかるのは事実ですが、定期的にオーバーホールを実施することにより、ロレックスを長く快適に使い続けられるようになります。