大切なロレックスの修理は優良店に依頼するのが鉄則

腕時計

高級時計の売却に当たって

ウォッチ

商品の価値を落さない為に

購入するに当たって数十万、数百万という単位の費用が掛かるのがさほど珍しくはないのが、いわゆる高級時計ブランドが製造販売を行っている時計です。たとえばロレックスの時計などは、それらを代表する存在と言うことができるでしょう。それらの商品の特徴として、電池で動くクォーツ時計ではなく、ゼンマイ仕掛けで動く機械式時計が大半を占めている点を挙げることができます。そのため、メンテナンスの一環として、定期的な周期でのオーバーホールが必要になることは、覚えておきたいポイントになっています。オーバーホールとは、機械式時計を構成する部品の汚れを落したり、磨耗した部品を新しい部品に交換するメンテナンスを示しています。それぞれのブランドの修理部門、あるいは時計修理店へ依頼することができますが、基本的には正規の窓口に依頼をするのがオススメになっています。これは、商品の価値を保つことにも繋がるためです。

買取価格が高額なブランド

たとえば日本でロレックスの時計をオーバーホールに出す場合、日本ロレックスが正規の窓口になっていますが、その日本ロレックスでは、交換用の部品を製造を中止してからも三十年に渡り保持し続ける体制が取られています。つまり、オーバーホールで部品の交換が必要になった際にも、その保持期間においては正規の部品と交換し続けることが可能になっているのです。これは、中古品として買取に出す際に、価格を大きく左右するポイントであるため、最終的に売却までを想定してロレックスの時計を利用する場合には、オーバーホールは正規の窓口に依頼することが強く推奨されているのです。また逆に言えば、こういった体制が整っているからこそ、中古市場におけるロレックスの買取価格が高額になっていると言う事もできます。