大切なロレックスの修理は優良店に依頼するのが鉄則

腕時計

事前に内容を確認しておく

男性

メーカーか一般修理店か

スイスの高級時計ロレックスはオーバーホールが数年に一度必要になります。しかし、その料金の高さから日本ロレックスに出すのか、一般の修理店に出すのかで悩む人も多くいます。一般の修理店に依頼する場合には、比較すると3割から5割位安くなります。長期間持つ事を考えるとこの維持費は馬鹿にならない金額ですから、リスクをよく検討して決めるようにしましょう。一般の修理店でユーザーが気にするのは、部品交換になった時にメーカー部品を使わなかったり、ロレックスと同じレベルの防水性能が保たれなかったりすることです。また、ケースやブレスなどの外装部分の研磨が別料金になる事も気になる要素の1つです。現在では一般修理店でもロレックスの部品のみで修理するという所も出てきています。そのため、修理店を選ぶ時には内容を良く調べて信頼に足る店を見つけましょう。

メーカーでの内容

ロレックスを購入する時には正規店で正規品を購入する場合と、並行輸入品を購入する場合があります。しかし中身は基本的に同じものですから、並行輸入品も同じようにメーカーでのオーバーホールを受ける事が可能です。ロレックスのオーバーホールは分解掃除やタイミング調整、防水テストや品質検査、外装研磨などが含まれています。もし、他に修理が必要な箇所があれば修理や部品交換をして返却されますが、オーバーホール費用に含まれない事は別料金になります。日本ロレックスでは、オーバーホール後には2年の保証が付きます。メーカー修理は安心ですが、修理箇所によってはオーバーホール費用を大幅に超えて請求される場合もあります。そのため、見積り金額を先に出して貰う方が安心です。